人生

手話歌 槇原敬之「どんなときも」 好きなものについて

こんばんは!ターカどす(‘ω’)ノ

今回のTikTokでの手話歌は??

槇原敬之「どんなときも」
手話歌動画はこちら★

やりたいと思ってた曲なので、
短いけれど、スッキリスッキリ!(笑)

今回、表現したフレーズは

どんなときも どんなときも
僕が僕らしくあるために
好きなものは好き!と
言える気持ち。。。

このフレーズで思うことがある。
「好きなものは好き!」

何かを好きになるって
見て好きになるものもあるけど、
やってみないと分からないものもある。

それは、なぜか??

僕自身のことで、
海外旅行に例えると、
今まで一度しか行ったことありません。
それは、高校での修学旅行で
「カナダ」に行ったこと。
それっきりで、関心がなかった。

関心が無かったというよりは、
「知らないだけ。」
なんですよね。
知らないから好きとも言えない。

もし、海外旅行の醍醐味を知ったら
好きになるかもしれない。
その答えは、
やってみないと分からない。

好奇心、関心を持つって
凄く大事だなっていうことに
気付いたんです。

今更っていう感じだけど、
でも、本当に人生をを楽しまないと損。
人生を誰かに縛られて
我慢して過ごすものではない。

時間は有限だから。

この言葉を聞いてから、
時間がどれだけ大切かを
感じられるようになった。

時間は止められないし
過去に戻ることもできない。
かといって、
明日生きていられるという保証はない。

自分のしたいと思っていることに
人生をかけたほうが良い。
何もできないまま人生を終えるなんて
絶対後悔だけが残る。

「人生は自分が主役」

人生は、自分で決めれる!
誰かに言われたから、
それをやらないといけないということはない。
せっかくこの世に生まれたのだから。
生きている今、
どんどんチャレンジしよう!!

そこから新しい自分に出会えるのだ。
未来にワクワクしよう!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。